リードフレーム結線技術のご紹介

基本構造は正確な寸法管理による圧入構造です。 内部は無半田接続ですので環境に優しい製品に
  仕上がっております。

全自動組み立てですので、安定した品質が得られ
  ます。

スイッチも写真のように同時に形成可能です。

この写真はピンジャックが主体の大型ジャックボードへの応用例です。

左の写真はSTB対応を目的とした,ピンジャックとS端子を一体化したもので,全リードフレーム構造です。
このような応用例もあります。
この場合は端子がコネクター対応になっております。


| 弊社製品についてのお問合せ | 技術紹介のトップページに戻る |

2002 Emuden Musen Kogyo Co., Ltd.
All Rights Reserved